< スポンサーリンク >

Excel VBA ワークシートを追加する

Excel VBAシート追加にするには「Worksheets.Add メソッド」「Sheets.Add メソッド」を使います

 

構文

式.Add(Before, After, Count, Type)

Before = 指定したオブジェクトのシートの直前に、新しいシートを追加
After = 指定したオブジェクトのシートの直後に、新しいシートを追加
Count = 追加するシートの数を指定(既定値は1)
Type = シートの種類を指定(xlWorksheet、xlChart、xlExcel4MacroSheet、xlExcel4IntlMacroSheet)又はテンプレートを指定(パスを指定)

名前説明
 xlWorksheet  ワークシート
 xlChart  グラフ
 xlExcel4MacroSheet  Excel バージョン 4 マクロ シート
 xlExcel4IntlMacroSheet  Excel バージョン 4 International Macro シート

Before、Afterを省略すると、アクティブシートの直前にシートが追加される

Worksheets.AddメソッドのTypeの指定には、xlChart、テンプレートは指定できない

Typeの指定にxlChartや、テンプレートを使いたい場合は、Sheets.Addメソッドを使う

 

シートを追加する

Sub SheetAddTest1()
  Sheets.Add
End Sub

 

Sheet1という名前のシートの後ろにシートを追加する

Sub SheetAddTest2()
  Sheets.Add After:=Worksheets("Sheet1")
End Sub

 

シートの最後にシートを追加する

Sub SheetAddTest3()
  Sheets.Add After:=Worksheets(Worksheets.Count)
End Sub

 

シートの最後に2枚のシートを追加する

Sub SheetAddTest4()
  Sheets.Add After:=Worksheets(Worksheets.Count), Count:=2
End Sub

 

シートの最後にDドライブに保存している出納帳.xltxというテンプレートを追加する
※Worksheets.Addメソッドでは使えません

Sub SheetAddTest6()
  Sheets.Add after:=Worksheets(Worksheets.Count), Type:="D:\出納帳.xltx"
End Sub

 

シートの最後に「新シート」という名前のシートを追加する

Sub SheetAddTest7()
  Sheets.Add(After:=Worksheets(Worksheets.Count)).Name = "新シート"
End Sub

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ