Excel VBA 印刷時に縦や横をページ数に合わせるよう指定する

Excel VBAでワークシート印刷時に縦や横をページ数に合わせて印刷するように設定をする方法を記録します。

< スポンサーリンク >

 

ExcelVBA印刷ページ数に合わせる

ページ数に合わせて印刷するように設定するには「PageSetup」オブジェクトの「FitToPagesWide」プロパティ、「FitToPagesTall」プロパティを使います。

 

書き方

WorkSheetオブジェクト.PageSetup.FitToPagesWide = ページ数 又は False

WorkSheetオブジェクト.PageSetup.FitToPagesTall = ページ数 又は False

※False=自動

 

ページ数に合わせる

縦も横も自動になっている場合です。

ExcelVBA印刷ページ数に合わせる

 

ページの横を2ページに収まるように設定し、印刷プレビューで表示してみます。

※ZoomはFalseにします。

Sub test()
    With ActiveSheet.PageSetup
        .Zoom = False
        .FitToPagesWide = 2
        .FitToPagesTall = False
    End With

    ActiveSheet.PrintPreview
End Sub

ExcelVBA印刷ページ数に合わせる

ExcelVBA印刷ページ数に合わせる

 

ページの縦を2ページに収まるように設定し、印刷プレビューで表示してみます。

※ZoomはFalseにします。

Sub test()
    With ActiveSheet.PageSetup
        .Zoom = False
        .FitToPagesWide = False
        .FitToPagesTall = 2
    End With

    ActiveSheet.PrintPreview
End Sub

ExcelVBA印刷ページ数に合わせる

ExcelVBA印刷ページ数に合わせる

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ