Excel VBA 時刻を時、分、秒に分ける-Hour関数、Minute関数、Second関数

Excel VBAで時刻を時、分、秒に分ける記録です。

下図はExcel2016です。

VBADate時刻

 

< スポンサーリンク >

 

構文

1日の時間を表す0から23までの整数を指定する値(Integer)を返します。

Hour(time)

 

分を表す0から59までの整数を指定する値(Integer)を返します。

Minute(time)

 

秒を表す0から59までの整数を指定する値(Integer)を返します。

Second(time)

 

time = 必須。時間を表すことができる任意の値、数式、文字列式、または任意の組合せです。timeにNullが含まれている場合はNullが返されます。

 

VBADate時刻

A2のセルの日付を時、分、秒に分けて、B2、C2、D2のセルに入れます。

Sub test()
    Dim t As Date

    With ActiveSheet
        t = .Range("A2").Value

        .Range("B2").Value = Hour(t)
        .Range("C2").Value = Minute(t)
        .Range("D2").Value = Second(t)
    End With
End Sub

VBADate時刻

VBADate時刻

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ