Excel VBA セルの文字を太字、斜体、下線付きにする-Bold、Italic、Underline、FontStyle

Excel VBAでセルの文字を太字、斜体、下線付きにする方法を記録します。

下図はExcel2016です。

VBAセル文字太字等

 

< スポンサーリンク >

 

書き方

太字

Rangeオブジェクト.Font.Bold = True or False

斜体

Rangeオブジェクト.Font.Italic = True or False

下線

Rangeオブジェクト.Font.Underline = True or False

FontStyleプロパティ(太字、斜体、標準)

Rangeオブジェクト.Font.FontStyle = "スタイル"

スタイル=Bold(太字) or Italic(斜体) or 標準

 

セルの文字を太字にする

アクティブシートのA1のセルの文字を太字にする場合は、次のように書きます。

Sub test()
     ActiveSheet.Range("A1").Font.Bold = True
End Sub

VBAセル文字太字等

VBAセル文字太字等

 

セルの文字を斜体にする

アクティブシートのA1のセルの文字を斜体にする場合は、次のように書きます。

Sub test()
     ActiveSheet.Range("A1").Font.Italic = True
End Sub

VBAセル文字太字等

VBAセル文字太字等

 

セルの文字を下線付きにする

アクティブシートのA1のセルの文字を下線付きにする場合は、次のように書きます。

Sub test()
     ActiveSheet.Range("A1").Font.Underline = True
End Sub

VBAセル文字太字等

VBAセル文字太字等

 

まとめて書くときは「With」ステートメントを使うと便利です。

Sub test()
    With ActiveSheet.Range("A1").Font
        .Bold = True
        .Italic = True
        .Underline = True
    End With
End Sub

VBAセル文字太字等

VBAセル文字太字等

 

「FontStyle」プロパティを使う

「FontStyle」プロパティを使う時は次のように書きます。

太字

Sub test()
     ActiveSheet.Range("A1").Font.FontStyle = "Bold"
End Sub

VBAセル文字太字等

 

斜体

Sub test()
     ActiveSheet.Range("A1").Font.FontStyle = "Italic"
End Sub

VBAセル文字太字等

 

太字と斜体同時

Sub test()
     ActiveSheet.Range("A1").Font.FontStyle = "Bold Italic"
End Sub

VBAセル文字太字等

 

標準

Sub test()
     ActiveSheet.Range("A1").Font.FontStyle = ""
End Sub

VBAセル文字太字等

VBAセル文字太字等

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ