cells

Excel VBAで「Cells」プロパティを使うと、シートのすべてのセルや指定したセルの操作ができます。

下図は、Excel2016です。

 

< スポンサーリンク >



 

構文

Worksheetオブジェクト.Cells

ワークシートのすべてのセル(現在使用されているセルだけでなく)を表すRangeオブジェクトを返します。

範囲の既定のメンバーは、itemプロパティへのパラメーターを使用して呼び出しを転送するため、itemの明示的な呼び出しの代わりに、cellsキーワードの直後に行と列のインデックスを指定できます。

このプロパティでオブジェクト修飾子を指定しないコードを使用すると、アクティブシートのすべてのセルを表すRangeオブジェクトが返されます。

 

アクティブシートのすべてのセルの背景色を赤にしてみます。

Sub test()
    ActiveSheet.Cells.Interior.Color = RGB(255, 0, 0)
End Sub

Cells
Cells

Cells

 

アクティブシートのすべてのセルの値や書式などをクリアしてみます。

Sub test()
    ActiveSheet.Cells.Clear
End Sub

Cells
Cells

Cells

 

アクティブシートの2行目、3列目(C2)のセルに文字を入れてみます。

Sub test()
    ActiveSheet.Cells(2, 3).Value = “aiueo”
End Sub

Cells
Cells

 

アクティブシートの1列目の1~10行目に1~10と入力してみます。

Sub test()
    Dim i As Long

    For i = 1 To 10
        ActiveSheet.Cells(i, 1).Value = i
    Next i
End Sub

Cells
Cells

 

< スポンサーリンク >