コマンドプロンプトでシャットダウンや再起動する

コマンドプロンプトを使ってパソコンのシャットダウンや再起動をする方法を記録します。

< スポンサーリンク >

 

書き方

shutdown オプション

 

シャットダウン

オプションを使ってシャットダウンしてみます。

シャットダウンのオプションは「-s」。

「-f」はアプリを強制終了し、「-t 0」は0秒でシャットダウンを始めます。

※「-t」を付けない場合は、1分以内にシャットダウンが始まります。

shutdown -s -f -t 0

コマンドプロンプトシャットダウン

 

再起動

再起動してみます。

再起動のオプションは「-r」。

コマンドプロンプトシャットダウン

 

バッチファイルにして簡単にシャットダウンする

メモ帳などで上記のコマンドを書きます。

コマンドプロンプトシャットダウン

 

[ファイル]>[名前を付けて保存]をクリックします。

コマンドプロンプトシャットダウン

 

[ファイルの種類]を「すべてのファイル」を選択し、ファイル名の最後に「.bat」をつけて、[保存]をクリックします。

コマンドプロンプトシャットダウン

 

バッチファイルが出来たので、これをダブルクリックするとシャットダウンが始まります。

コマンドプロンプトシャットダウン

 

オプション

 - s  シャットダウン
 - r  再起動
 - f  アプリケーションソフトを強制終了
 - t sec  ○秒後にシャットダウンを開始
 - i  GUIインターフェイスを表示

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ