システムの復元ポイントを手動で作成する-Windows 8.1

Windows8.1でシステムの復元をやってみたら、復元ポイントより後に設定したものも当然元に戻っていました。

システムの復元をしないといけないようなことはしたくないのですが、念のため色々設定が終わった時点で復元ポイントを手動で作成することにしました。

 

「システムの保護」が有効になっているか一応確認してシステムの復元ポイントを作成します。

 

システムの保護を有効にする

スタート部分を右クリックするか、キーボードの[Windows]キーと[X]キーを同時に押し、[システム]をクリックします。

system-restore-set

 

[システムの保護]をクリックします。

fukugen

 

[構成]をクリックします。

system-restore-set

 

[システムの保護を有効にする]にチェックが入っていなければチェックを入れ、[OK]をクリックします。

system-restore-set

 

システムの復元ポイントを手動で作成する

システムのプロパティで[作成]をクリックします。

system-restore-set

 

復元ポイントの名前を自分がわかりやすい名前をつけて、[作成]をクリックします。

system-restore-set

 

作成中です

system-restore-set

 

復元ポイントが正常に作成されたので、[閉じる]をクリックします。

system-restore-set

 

復元ポイントを見てみたら、ちゃんと出来ていました♪

system-restore-set

 

ありがたい機能ですね!

 

< スポンサードリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ