簡単にコントロールパネルを開く-Windows 10

職場でPCが故障すると、新しいPCが購入されます。

新しいPCは当然Windows10です。

色々な設定をするのにコントロールパネルを開くことは頻繁にありますが、Windows10ではコントロールパネルを開くのが面倒ですね。

[設定]の画面から色々な設定に移るようになっていますが、昔ながらのコントロールパネルの方が使いやすいです。

conpane-win10

 

通常の方法で開くパターンと 簡単に開く方法を記録します。 

 

通常のスタートから開く

[スタート]をクリックします。

conpane-win10

 

[Windowsシステムツール]>[コントロールパネル]の順にクリックします。

conpane-win10

 

コントロールパネルが開きました。

conpane-win10

 

Cortana(コルタナ)から開く

タスクバーにある「何でも聞いてくださ」の欄に「こんと」と入力します。

conpane-win10

 

[コントロールパネル]が表示されるのでクリックします。

conpane-win10

 

コントロールパネルが開きました。

conpane-win10

 

パッチファイルから開く

メモ帳を開き

c:\windows\system32\control.exe

と入力します。

conpane-win10

 

[ファイル]>[名前を付けて保存]の順にクリックします。

conpane-win10

 

[ファイルの種類]を「すべてのファイル」にし、ファイル名の最後に「.bat」の拡張子を付けて、任意の場所に保存します。

conpane-win10

 

出来上がったバッチファイルをダブルクリックします。

conpane-win10

コントロールパネルが開きました。

conpane-win10

 

個人的にはバッチファイルから開くのが一番簡単なので好きです。

 

< スポンサードリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ