Excel VBA ワークシートを削除する

Excel VBAシート削除にするには「Worksheets.Delete メソッド」「Sheets.Delete メソッド」を使います

 

構文

式.Delete

 

「Worksheets.Delete」で削除できるシートはワークシートのみ

「Sheets.Delete」で削除できるシートは、ワークシート、グラフシート

 

シートの名前を指定して削除する

Sub SheetDeleteTest1()
  Sheets("Sheet4").Delete
End Sub

 

2番目のシートを削除する

Sub SheetDeleteTest2()
  Sheets(2).Delete
End Sub

 

削除のメッセージを出さずにシートを削除する

シートを削除するときに、「シートを削除すると元に戻せません。また、一部のデータが削除される可能性があります。それでも問題がない場合は、[削除]をクリックしてください。」というメッセージが出るので、「Application.DisplayAlerts プロパティ」を使ってメッセージを非表示にします

Sub SheetDeleteTest3()
  Application.DisplayAlerts = False
  Sheets(2).Delete
  Application.DisplayAlerts = True
End Sub

< スポンサードリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ