Excel VBA データ型の使い方

Excel VBAデータ型を変数に設定してみる

バイト型(Byte)

0~255の整数を変数に代入できる

Dim x As Byte
x = 255

 

整数型(Integer)

-32,768~32,767の整数を変数に代入できる

Dim x As Integer
x = 32767

 

長整数型(Long)

-2,147,483,648~2,147,483,647の整数を変数に代入できる

Dim x As Long
x = 2147483647

 

単精度浮動小数点数型(Single)

正の値では、1.401298E-45~3.402823E38の小数点付きの数値を変数に代入できる
負の値では、-3.402823E38~-1.401298E-45の小数点付きの数値を変数に代入できる

Dim x As Single
x = 3.402823

 

倍精度浮動小数点数型(Double)

正の値では、4.94065645841247E-324~1.79769313486232E308の小数点付きの数値を変数に代入できる
負の値では、-1.79769313486231E308~-4.94065645841247E-324の小数点付きの数値を変数に代入できる

Dim x As Double
x = 1.79769313486232

 

日付型(Date)

日付と時刻を変数に代入できる
日付は、月/日/年と記述し、前後を#で囲む

Dim x As Date
x = #6/1/2013#

 

文字列型(String)

漢字やひらがな、カタカナ、英数字、記号などを変数に代入できる
固定長文字列型の場合、代入した値が指定した文字数より少ない場合は、残りの領域にスペースが埋め込まれ、指定した文字数より多い場合は、多い分は切り捨てられる

可変長文字列型

Dim x As String
x = "あいうえお"

 

固定長文字列型

Dim x As String * 5
x = "あいうえお"

 

ブール型(Boolean)

TrueまたはFalseのみの値を変数に代入できる
TrueやFalseという値が代入されるわけではなく、Trueは-1、Falseは0の値が入る

Dim x As Boolean
x = True

 

データ型

バイト型 Byte 0~255の整数
ブール型 Boolean 真(True)または偽(False)
整数型 Integer -32,768~32,767の整数
長整数型 Long -2,147,483,648~2,147,483,647の整数
単精度浮動小数点数型 Single -3.402823E38~-1.401298E-45(負の値)

1.401298E-45~3.402823E38(正の値)

倍精度浮動小数点数型 Double -1.79769313486231E308~-4.94065645841247E-324

(負の値)
4.94065645841247E-324~1.79769313486232E308
(正の値)

通貨型 Currency -922,337,203,685,477.5808 ~ 922,337,203,685,477.5807
10進型 Decimal 小数部分を持たない数値の場合、

-79,228,162,514,264,337,593,543,950,335 ~ 79,228,162,514,264,337,593,543,950,335 の範囲の値をとる
小数点以下 28 桁の数値の場合、
-7.9228162514264337593543950335 ~ 7.9228162514264337593543950335 の範囲の値をとる

絶対値の最小値は 0 を除いた場合、
0.0000000000000000000000000001

日付型 Date 西暦100年1月1日~西暦9999年12月31日
文字列型 String 0~2GB(可変長)

1~2GB(固定長)

オブジェクト型 Object オブジェクトを参照するデータ型
バリアント型 Variant 倍精度浮動小数点数型の範囲と同じ(数値)

可変長の文字列型の範囲と同じ(文字列)

ユーザー定義型   それぞれの要素の範囲はそのデータ型の範囲と同じ

< スポンサードリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ